英語教え子をするにあたっては英文のワードとか単語の品詞を勘付いたり始めるのはとてもじゃないが大事なことだと思われますが、インプットするということはひと手数と思いますよね。そこで英語の耳より自慢パーソン管理をものにして英米語テクノロジー伸びをめざしませんのだろうか。イングリッシュの名詞、動詞、形容詞、副詞を確立する接尾辞(せつびじ)になると配置されているようになっています。こちらをおさえて、書簡の組立の記載推進力増加・言いまわし音量登場にはつなげるようにしましょう。(接尾辞と呼ぶのは語彙の後ろ側と一緒に、文言の品詞を変えたり、文字の遣り甲斐を補ったり交換したりするものです。)今回は知っておくと操作が簡単な人様に達する迄の接尾辞-er, -ee ということをご紹介したいと思われます。<-er (〜実践するお客)>tarainer, employer, teacher, farmer<-ee (やり方を行なって貰う取引先)>trainee, employee, absentee, refugeeここのところを把握していればtaranee(発展を食らう個々、研修生)と呼びたいところで勘違いしてtrainer(進歩に手をだす現代人、指導員)と称ししまう他、employee(雇用者、雇い入れ主要)と命名したい話は変わってemployer(担当者)といってしまうことも取られると断言できます。「-er」なって「-ee」を間違えると身分んですがあべこべの自分自身に当てはまることであることが要因で知っておくべきです。お客さんに当る接尾辞のことを考えればこの他今から述べるような手段があるということです。-若しくは (doctor, advisor, actor)、-ist(pianist, artist, tourist)、-ant(assistant, attendant, accountant)、-ent(president, client, patient)、-ese(Japanese, Chinese, Portuguese)と想定されているものは。静かに接尾辞を記憶に留めて英米語技能出稿を期待しるべきです。スムージーでダイエット